脱毛後の汗に注意

水分補給

夏になって肌の露出が高まると気になるのがムダ毛です。今年こそ脱毛サロンでツルツルの肌になりたいと計画を立てている人も多いのではないでしょうか。しかし、脱毛しているときには、汗に気をつけなければいけないため、夏場の脱毛は特に注意が必要です。

注意が必要なのは、施術後は通常よりも毛穴が開いた状態のため、大量の汗をかくと、毛穴のなかに細菌が入り込み、繁殖しやすくなってしまうからです。トラブルを起こすとその部分が炎症を起こして腫れ上がり、痛い思いをすることになります。そのため、サロンやクリニックでは施術直後はあまり汗をかかないようにと指導します。

そうは言っても、夏場にじっとしていることはなかなかできません。対策として一番良いのはこまめにシャワーを浴びることです。シャワーを浴びることで肌についた細菌が洗い流され清潔な肌を保つことができます。外出先でシャワーを浴びることができない場合はウェットティッシュなどでそっとふき取るようにしましょう。

ムダ毛のないツルツル肌を目指してサロンやクリニックに通っているのに肌トラブルが起こって肌が汚くなってしまってはがっかりです。夏は特に肌を清潔に保つよう注意しましょう。

エステよりもクリニック

夏

夏になると肌の露出が増えます。夏に向けてクリニックで永久脱毛をする人が増えています。

エステサロンの脱毛もありますが、数年後にムダ毛が再び生えてしまう事を考え、クリニックでの永久脱毛を選ぶ人が増えています。クリニックではエステサロンでは扱えな出力の強い光をムダ毛に当てて毛根を破壊しますので、二度とムダ毛は生えてきません。また肌トラブルがあった場合、エステサロンでは医師に直ぐ診てもらう事は出来ません。自分で皮膚科に行かなければなりません。

クリニックなら医師に直ぐに診察して貰えます。その日のうちに薬を塗る事が出来るので早く対応が出来ます。クリニックでの脱毛は料金が高いですが、通う回数もエステサロンの三分の一で済みます。出力が強い分痛みもあります。痛みが怖いという人は、麻酔が用意されています。

料金は別も事が多いですが、麻酔を使えばかなり痛みが軽減されます。施術が終われば、自己処理の必要は一切なくなります。

精神性発汗の可能性

肌の露出

露出の増える夏は、汗やムダ毛の処理に悩まされている人も多いようです。特にわきがの臭いが気になっているという場合には、臭いを拡散させる役割のあるムダ毛を脱毛することにより、臭いを抑えることが出来る可能性があります。

しかし、脱毛施術を受けても、汗の分泌量が減らない、効果を実感することが出来ないという場合には、その原因が精神性発汗である可能性もあります。

精神的発汗とはその名の通り、精神的な不安やストレスにより、分泌される汗のことであり、過去のトラウマからそのような状態となっている場合もあります。精神性発汗を抑えるためには、原因を知り、改善する必要がありますが、とりあえず汗の分泌量を減らすということが有効です。

制汗効果の高いデオドラント剤を使用したり、ボトックス注射などの施術を受けることで、汗の分泌を抑えることが出来ます。汗の分泌が気にならなくなれば、自然とストレスなどを感じることもなくなるでしょう。