夏は脱毛で雑菌の繁殖を抑える

汗

夏は気温や湿度が高いため、汗をかきやすい季節でもあります。汗をかくと肌は雑菌が繁殖しやすくなってしまい、それが汗と混ざりあってしまうことでにおいの原因となります。

肌に毛がある状態では汗をかいた際、水分が残りやすくなってしまいます。水分が肌に長く残ることで蒸れてしまい、雑菌が繁殖しやすい環境となるのです。また毛があることで皮膚への直接的なアプローチが難しくなってしまい、洗浄の効果が弱くなってしまったり汗の拭きとりが不十分になってしまうこともあります。

そこで夏は脱毛することで見た目だけではなく、衛生面でも効果を発揮します。毛が無くなることで汗の拭きとりもしやすくなり、蒸れの発生も軽減することができます。また入浴の際の洗浄も容易になるため、汚れの蓄積を防ぐこともできます。脱毛することで雑菌の繁殖を防ぐことができれば、においの発生も抑制することができます。夏は体を清潔に保つためにも脱毛がおすすめです。