脱毛後夏の脇汗がひどくなったと思う人へ

汗

エステやクリニックで脇下の脱毛をすると、確かに脇下のお手入れからも解放されますし、また、ノースリーブや水着を着る時にも、ムダ毛を気にせずに済むというメリットがあります。しかしその反面、夏に脇汗が増えて困ったという人もいます。むろんこれにはちゃんと理由があります。

つまり、脇の下を脱毛したことで、汗が本来絡みつく体毛がなくなり、そのせいで多くなったように感じるのです。また汗をかくことを気にするあまり、脇汗が増えたように感じることもあります。このような場合は、できるだけ意識しないこと。それから特に夏場は、脇汗を抑えるパッドや制汗剤をうまく使うようにしましょう。

それから、脱毛によってわきががひどくなったという人もいますが、実際はそのようなことはありません。ただし毛穴が汚れていると、そのせいで臭いがするように感じることもあります。脱毛後は常に清潔を心がけるようにし、それでも臭いがするという場合は、皮膚科のクリニックに行って相談することをお勧めします。

脱毛して暑い夏を乗り切ろう!エクリン腺とは?

夏の日差し

暑い夏は、薄着のためにムダ毛が気になるものです。同時に、汗によるにおいやわきがも心配です。しかし、脱毛することで、暑い夏をより快適に過ごせるのです。

わたしたち人間は、汗を出すことによって暑さをしのいでいます。汗は、エクリン腺とアポクリン腺によって発せられます。どちらも同じ汗に関連する器官ですが、わきがの原因となっているのはエクリン腺ではなく、アポクリン腺です。もともとは、どちらの汗も無臭なのですが、アポクリン腺からの汗がわき毛などに付着すると、時間が経つにつれて細菌が繁殖しやすく、ときおりひどいにおいを放つことがあります。

わき毛に付着した汗は、そのままにしておくとどんどん細菌が繁殖し、においがひどくなってしまいます。細菌の温床となりがちなわき毛を脱毛することによって、細菌の繁殖を和らげられるため、わきがの予防に繋がります。わき毛がなくなることで、見た目がよくなるだけでなく、汗のにおいを軽減できるのです。